お悩み解決レシピ

キャリア世代

ただいま髪のコンプレックスを解消したい!という体験モデルの方を募集しております。
詳しくはこちらから

全てみる! お悩み別に見る!  キレイ髪メニュー別に見る!

Complex file.3 カラーで傷んだ毛先…きらないでキレイにしたい!

before ヘアエステ・プラス

頭の上のほうはツヤがあるのに、いつも毛先はぱさぱさでツヤが出ません。
乾燥しやすい髪みたいで、毎朝起きると毛先がピンピン拡がっていて上手くおさまらないことが多いです。
髪にコシが無く、ボリュームが出にくいという悩みもあります。
またシャンプーするたびに絡まって、切れ毛も多いので傷んでいるんだろうな…とは思うんですが、髪は出来るだけ切りたくないんです。カラーもやめたくないし…。
(奥野さん)

adviceもともと奥野さんの髪は比較的丈夫なのです。1~2回程度カラー(ヘアダイ)をした位では、ダメージが内側にとどまって表面に目立たず、ツヤが保てています。施術前で頭頂部にツヤがあるのはそのせいです。
しかし、髪を長く維持しながら2ヶ月に1回はカラー(ヘアダイ)をし続けていますので、カラーの回数を重ねている中間部やさらにカラー回数が多い毛先は、ダメージが表面化するのでツヤもなくなっています。

ダメージが大きい毛先は、シャンプーしたときにお湯と一緒に栄養が流失してしまいます。今回はまず、毛先にしっかり栄養を与えるように、外から栄養を補充するエステをしていきます。
次に、パサついた髪の内部に保湿効果高いエステ剤を浸透させて、髪の内部の水分を保持させていきます。最後に髪全体を弱酸性に戻して、コーティングをします。
(クレアトゥールウチノオーナー 内野邦彦)
after ヘアエステ・プラス
自分でカラーを2ヶ月に1回程度されているようなので、カラーとカラーの間で1度ヘアエステをしておくだけで、カラーをしていても「ツヤ」や「コンディション」を良い状態に維持することが可能です。
これからも、見た目でより得を出来るように「ヘアエステ」をされると良いと思います。

■施術内容
 ヘアエステ・プラス

■施術時間 約2時間
※髪の長さ、ダメージ具合によって異なります。

■モデルさんの感想
いつも絡んでしまう毛先に手ぐしを通しても絡まない!感激です。
中間部までのツヤもさらにでてきて、さらさらなのが嬉しいです。
キレイで長い髪を保っていきたいので、ヘアケアをさぼらないように頑張ってみます。
process
ヘアエステ・プラスstep1
髪の状態をカウンセリングした後、シャンプーを行います。"軟水"でシャンプーし、よりヘアエステ剤の浸透を良くします。
ヘアエステ・プラスstep2
ヘアエステ剤1を塗布します。傷んだ部分の補修と、紙の内部からの栄養分の流出を防ぐエステ剤です。
ヘアエステ・プラスstep3
超音波アイロンを使用して、ヘアエステ剤を髪の内部に浸透させます。超音波アイロンは、1秒間に約37,000回も振動して髪の内部に浸透しにくい薬剤も髪に負担をかけずに浸透することができます!
ヘアエステ・プラスstep4
保湿成分とキューティクル保護成分を配合したヘアエステ剤2を塗布します。塗布後、超音波アイロンヘアエステ剤を髪の内部に浸透させます。
ヘアエステ・プラスstep5
ヘアエステ・プラスの効果を長持ちさせるために、髪の状態が最も安定する弱酸性に保ち、髪表面をコーティングするヘアエステ剤3を塗布します。塗布後は赤外線加温器で加温し、その後軽く超音波アイロンを使用します。
ヘアエステ・プラスstep6
余分なヘアエステ剤を軟水で洗い流し、仕上がり。艶と潤いの両方を取り戻すことができました!