お悩み解決レシピ

キャリア世代

ただいま髪のコンプレックスを解消したい!という体験モデルの方を募集しております。
詳しくはこちらから

全てみる! お悩み別に見る!  キレイ髪メニュー別に見る!

Complex file.5 パーマでふわふわを実現したい!でも傷むのは嫌。。

before ヒートウェーブ・アシッド 

気になるのは、毛先の傷みクセ。どうしてもひろがっちゃうんですよね。トップはペタッとしがちだから、余計に気になってしまいます。
それからよくカラーをするので毛先にかけての傷みが気になります。切れ毛が多いので…。

最近ストレートに飽きてきたので、やらわかい雰囲気のパーマに憧れているんですけど、パーマはとれてしまうっていう印象があるし、強いパーマは傷むってイメージがあるから心配です。

adviceカラーなどで蓄積した傷みによって、毛先のパサつきがみられます。毎日の生活の中でも紫外線やシャンプーでも髪はダメージを受けてしまいますから、カラー やパーマをした髪はしっかりしたケアが必要です。髪が健康に近づく事で、カラーやパーマがより長持ちし、質が良くなりますよ。
くせ毛をうまく活かすために耳下からパーマをかけてやわらかなラインをつくってみるといいですね。傷みをきにされているようですが、キレイ髪メニューのパーマ、ヒートウェーブ・アシッドで髪に栄養を与えながらパーマをかけることが可能です。
(クレアトゥールウチノ 生井邦輝)
after ヒートウェーブ・アシッド 
栄養分を与えながらパーマを行ったので、艶とやわらなかラインの両方を実現できました。髪のケアがしっかりされていると、カールもよりやわらかく上質なも のに見えますよ。ヒートウェーブ・アシッドなら、乾かしたときにしっかりラインが出るのでスタイリングもとっても楽です。

■施術内容
 ヒートウェーブ・アシッド 

■施術時間 約3時間
※髪の長さ、ダメージ具合によって異なります。

■モデルさんの感想
毛先の傷みがさらにひどくなるのでは…と心配していたのですが、かえってパーマする前よりもしっかりした髪の毛になったみたいです。
ドライしただけで、こんなにやわらかいカールがでるなんて、嬉しいです。優しいウェーブでだいぶイメージチェンジできました!
process
ヒートウェーブ・アシッド step1
毛先の傷みがパーマでさらに増すのでは…と不安そうです。
ヒートウェーブ・アシッド step2
キレイ髪プロジェクトの研究では、アルカリは髪を傷める大きな原因の1つです。
ヒートウェーブで使う薬液も、はじめから弱酸性のものを使用します。まずはコンディションを整えます
ヒートウェーブ・アシッド step3
赤外線促進器で薬液をやさしく浸透させます。
ヒートウェーブ・アシッド step4
超音波アイロンで薬液をさらに浸透させていきます。
ヒートウェーブ・アシッド step5
プレーンリンスしてドライしたら、いよいよロッドを巻いてカールをつけていきます。
ヒートウェーブ・アシッド step6
乾燥させながら、カールをつけていきます。
ヒートウェーブ・アシッド step5
カールを固定させながら、エステ効果を高めていきます。より髪にやさしく、しっかりとしたカールを実。
ヒートウェーブ・アシッド step6
乾燥させながら、カールをつけていきます。ドライしながら手ぐしで整えただけで、カールがでてきます。