お悩み解決レシピ

プレミアム世代

Complex file.1 パサパサは嫌!乾かすだけで艶カール!

before ヒートウェーブ・アシッド カールは女性らしいし、可愛いなと思うんだけど、パサついたり傷んで見えそうで嫌なんですよね。傷んだ髪ってふけてみられるでしょう。
やっぱり艶髪をたもったカールが素敵。でもパーマは髪を傷めるって印象です。
advice定期的にヘアエステでケアされているために、キレイ髪のベースは整っています。
カットで毛先を整えてからカールを作っていきましょう。
艶のあるカールは、弱酸性の薬剤を利用したヒートウェーブ・アシッドで作ります。髪をケアしながら、カールを作るので、髪にも優しく艶を保つことができます。
しかも、手ぐしで乾かすだけでリッジがでるので、毎日のスタイリングもとっても楽になりますよ。
after ヒートウェーブ・アシッド
ほほ周りからゆるいかかるカールは、やわらかな印象を与えてくれますね。カールの艶がより一層上質なイメージを作ってくれます。カールはドライの時にかえられるので、TPOにあわせて、ゴージャルなカールも、ニュアンスカールも自分で作れます。

■施術内容
 カット+ヒートウェーブ・アシッド

■施術時間 約3時間
※髪の長さ、ダメージ具合によって異なります。

■モデルさんの感想
とにかく艶にびっくり。触った感じも柔らかくて今までのパーマのイメージと全然違います。朝のスタイリングが楽になるのもとっても嬉しい!
選ぶ服も変わってきそうです。女度もちょっとあがったかな。
process
ヒートウェーブ・アシッドstep1
十分なカウンセリングをし、スタイルを含めプロがアドバイスします。
ヒートウェーブ・アシッドstep2
キレイ髪プロジェクトの研究では、アルカリは髪を傷める大きな原因の1つです。
ヒートウェーブで使う薬液も、はじめから弱酸性のものを使用します。まずはコンディションを整えます。
ヒートウェーブ・アシッドstep3
赤外線促進器で薬液をやさしく浸透させます。
ヒートウェーブ・アシッドstep4
超音波アイロンで薬液をさらに浸透させていきます。
ヒートウェーブ・アシッドstep5
プレーンリンスしてドライしたら、いよいよロッドを巻いてカールをつけていきます。
ヒートウェーブ・アシッドstep6
乾燥させながら、カールをつけていきます。
ヒートウェーブ・アシッドstep7
しっかりかかったカールを固定させながら、エステ効果を高めていきます。より髪にやさしく、しっかりとしたカールを実現します。
ヒートウェーブ・アシッドstep8
手でカールをつくるようにドライするだけで、乾くほどカールがしっかりでてきます。朝のスタイリングの負担が軽減されます。