お悩み解決レシピ

プレミアム世代

Complex file.2 艶髪カラーとカットで華やかなスポーティースタイル

before メディックカラープラス 髪の悩みはやっぱり白髪です。かといって白髪を染めるだけ…だとちょっとおしゃれ度にかけますね。気分が晴れやかになるカラーなら嬉しいですね。後は良くジムにいくので、扱いやすいスタイルが美容室に望む事です。
advice白髪をしっかりケアしながら、メディックカラープラスで、カラーを楽しめる艶髪にしていきます。スポーツされることが多いということで、毎日ケアしやすいスタイルが理想ですね。
扱いやすさのポイントは、カットと髪のケア。カットはもちろん、髪がきちんとケアされていると、ドライしやすく髪がまとまりやすいので、毎日の負担が確実に減ります。
after メデックカラー・プラス
あごのラインをすっと強調するカットは顔回りをすっきりと明るくみせてくれます。少し動きをつければ、より柔らかな印象にも。メディックカラープラスなら、明るめの髪色でも艶が出るので上質なスタイルに仕上げてくれます。

■施術内容
 カット+メディックカラー・プラス

■施術時間 約3時間
※髪の長さ、ダメージ具合によって異なります。

■モデルさんの感想
短くするのにちょっと抵抗があったけど、すっごく扱いやすそうだし、華やかになって嬉しいです。色もお気に入り。やっぱり艶があると明るめにしても上品にしあがるんですね。ドライで決まるスタイルだし、春もおもいっきりスポーツを楽しめそうです。
process
メディックカラー・プラスstep1
十分なカウンセリングをし、スタイルを含めプロがアドバイスします。
今回は扱いやすいカットもポイント。
メディックカラー・プラスstep2
まず初めに根元の自毛の部分と他の部分の色をあわせ調髪を行います。その後いったん流します。毛先までカラー剤をつけていきます。
メディックカラー・プラスstep3
赤外線促進器でゆっくり優しくカラー剤を浸透させていきます。
メディックカラー・プラスstep4
ここでエステ剤を塗布します。
ここがポイント。
ここで塗布するエステ剤は、カラーを定着させるのはもちろん、髪に必要な栄養成分や保湿剤もたっぷり浸透させることが出来ます。
カラー=でも傷まないの秘密はここにあります。
メディックカラー・プラスstep5
最後にコーティング剤をしっかり塗布します。
先ほど入れた栄養成分や色素が逃げないように、しっかり表面を覆います。PH調整も行い弱酸性に保つことで、カラーも長持ちします。
ドライ後の艶バッチリですね。
メディックカラー・プラスstep6
写真撮影用に、やわらかカールをプラス。艶だけなく、扱いやすいしっとりまとまりやすい髪に仕上がりました。